出入国管理庁より新型コロナウイルスに関するお知らせ

出入国管理庁より以下のお知らせがありました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための窓口混雑緩和対策について

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う諸情勢に鑑み,新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する観点から,在留申請窓口の混雑緩和対策として,3月中に在留期間の満了日(注)を迎える在留外国人(在留資格「短期滞在」及び「特定活動(出国準備期間)」で在留する外国人を除く。)からの在留資格変更許可申請及び在留期間更新許可申請等については,当該外国人の在留期間満了日から1か月後まで受け付けます。

(注)本邦で出生した方など3月中に在留資格の取得申請をしなければならない方を含みます。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により,帰国便の確保や本国国内の住居地への帰宅が困難であると認められる「短期滞在」で在留中の者には、「短期滞在(30日)」の在留期間更新を許可することも発表されております。

そして、既に在留資格認定証明書交付申請を行っている場合は、「審査を保留する」とのことです。

<関連するリンク>
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための窓口混雑緩和対策について
http://www.moj.go.jp/content/001315947.pdf

新型コロナウイルス感染症の拡大等を受けた在留諸申請の取扱いについて
http://www.moj.go.jp/content/001315948.pdf

外国人向けやさしい日本語版
http://www.moj.go.jp/content/001316182.pdf